ご本尊

法華宗のご本尊すなわち日蓮大聖人が顕(あらわ)された十界勧請(じゅっかいかんじょう)の『おまんだら』には、中央に南無妙法蓮華経のお題目があり、お題目の両脇に釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)多宝如来(たほうにょらい)がおられ、たくさんの仏、菩薩、諸天、諸神が中央の南無妙法蓮華経に合掌している姿を顕しており一切の功徳をおさめたものです。
 日蓮大聖人は『本尊は勝れたものを用ゆべし』と厳しく仰せられ、正しいご本尊に手を合わせ『本門八品上行所傳本因下種(ほんもんはっぽんじょうぎょうしょでんほんにんげしゅ)の南無妙法蓮華経』とお題目をお唱えするならばおおくの功徳を頂き、平穏な日々を過ごすことができるのです。

otoiawase